2010年 01月 03日

自分の親になにをプレゼントしたらいいか?

1月3日は70になる母親の誕生日なのだがいつも妻と頭を悩ます。物質的なものはあまり望んでいないのでこれまでに「ブルーマン」「キダム」などを送ってきたのだが、今年は何にしようか?と。近くにある座・高円寺に大曽根誠のライブがくるのでそのあたりは?と思ったがスケジュールが合わず断念。とりあえず新宿に出て街を歩きながら考えることにした。JTBの店舗が見えたので温泉旅行でも贈るか?となり相談をはじめた。特定のツアーを贈るとスケジュール変更などが大変なので5万円のパック券に。これは一泊二食でいろんなホテルが選べるもので悪くない。交通費は別になってしまうんだけど1年以内ならいつでも行けるらしい。

高島屋の地下で都内の有名パティシエのケーキを集めた店があるのでそこで4つほどアソートして帰る。おじいちゃんが腕を振るった魚料理を食べ3世代家族団らん。おじいちゃんからおばあちゃんへは時計のプレゼント。目が悪くなったから文字盤の大きな腕時計というのが泣かせる。旅行券をプレゼントしたらシルバーは電車は安いからありがたいとの話。よかったよかった。とにかく二人とも元気なうちはどんどん旅してもらいたいね。自分も子育てはじめて思ったのは夫婦二人きりの時間って意外と短いということ。だから子供も大きくなり二人きりの時間はほんと第二の青春のように過ごしてもらいたいものです。
[PR]

# by pomerade | 2010-01-03 21:00
2010年 01月 02日

3世代で正月を迎えられる幸せ

今年は自分の両親と妻と息子とひとつ屋根の下で正月を過ごすことができた。それを見ていてこれ以上の幸せもないだろうなと思った。人間は3世代が同時空上に存在可能でその3世代の体験を合計すると100年分の記憶になるという話をどこかで聞いたことがある。孫と遊ぶ自分の両親の満面の笑みを見ていてこれが子供を育てた人への最高のプレゼントなんだなとおもった。自分は遅めの子供だったので孫が見られるかどうかは分からないけど、命のリングがつながったことを感じるのはすてきなことだろうなと思う。

親の場合、子供といることは日常なので全力でかまう時間はわずか。それに対しておじいちゃんおばあちゃんにとっては孫と遊ぶのは非日常なので常に全力投球。見ていて明日ダウンしなければいいけど。。と心配になるくらいハイハイして見せたりヨチヨチ歩きをアテンドしてあげたりはりきっている。息子もそれに応えて満面の笑み。カメラのメモリーがなくなるくらいシャッターを切った。

おじいちゃん、おばあちゃんに息子を任せて2時間別の部屋に妻とこもった。いわゆるならし保育。肉親であることもあってなんの問題もなさそうということが分かり昼ご飯を食べさせてから1年ぶりに夫婦だけで映画に。「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た。同じ監督の「WALL E」もそうだったけどサイレント映画っぽい演出がうまいね、この人。日本語吹き替えの3Dで見たんだけどさすがにまだ3Dは明度がカクンと落ちてしまってイマイチ。映画は楽しめたけどちょっと長いね。あと10分短くてよかった。後半にカールじいさんが奮闘すところはスターウォーズのヨーダがすばしっこく動くのを思い出したけど。

家に帰るとおじいちゃん、おばあちゃんの全力保育で上気した息子がにこやかなに迎えてくれた。高円寺の商店街で育て0歳の時からあらゆる場所に連れ歩いただけあってわりと平気な顔してて安心。待機児童で4月こそ保育園に!と思ってるけどそれまでは息子の成長ぶりをじっくりそばで見ることにしよう。
[PR]

# by pomerade | 2010-01-02 21:00
2010年 01月 01日

2010年代とはどんな年代になるのか?

2010年があけた。こうして21世紀もあっという間にミッドセンチュリーになるんだろうね。2001年になったときはあの「2001年宇宙の旅」の年かあ!なんて感慨深く思ったけどその続編の「2010年」はイマイチだっただけに今年は特に感じるものはないかも。それより「ブレードランナー」好きには2019年が気になる。空飛ぶ自動車はできているだろうか?テレビ公衆電話はできてるだろうか?写真に入り込める立体写真は?遺伝子工学のレプリカントは?

自分の場合、80年代が10代、90年代が20代、0年代が30代となり今年からの10年代は40代になる。結婚もして子供もできて守るべきものが増えてきた世代だけど時代が激変していく中でなにができるか?ないをすべきかかんがえなければいけない。最近自分に刺激をくれるのはたいてい年下。年上の人はバブルの消費社会の洗礼を受けただけあってなにかギラギラしている。自分はどちらなのかと言われれればどっちつかずなちゅうぶらりん。両方のいいところをとりこんでいける過渡期世代、よく言えばハイブリッド世代ってところか。

IT業界的には2009年はtwitter元年と言えた。本も出したしフォロワーも7000人近くなった。アーカイブメディアからリアルタイムメディアへシフトしてダイナミックに現実の体験を左右するツールにネットがなりつつある。これに今年はUstreamが拍車をかけるだろう。どのサービスもとりたてて驚くほどの先進性はないのだがユーザーが成熟してモバイル通信網が高速化したことで道具として洗練されてきたことが大きい。電話はすたれメールとソーシャルサービスが必須になっていく時代の空気。でも一方で出j樽コミュニケーションが発展してけばいくほど人と人が会う場所が求められるのも面白い。

あかるいニュースはスポーツぐらいしかないけど、それを嘆いていてもしょうがない。竜馬ブームにのりながらみんなで新しい社会を作っていこうぜよ。
[PR]

# by pomerade | 2010-01-01 21:00
2009年 04月 15日

ミクシィで実現するコミュニティ型プロモーション@宣伝会議サミット

(会場でポメラで書いたメモ)

2009/04/14 13:08
「ミクシィで実現するコミュニティ型プロモーション」

@ANAインターコンチ地下1階
ゲスト:笠原氏、原田氏

今日はコミュニケーションサービスとしてどのようなことをしていくのか?これまでの事例を交えながら・・

1683万人、月間PV153。6億PVです。リアルな人間関係をネット上に反映するというのが特徴です。気軽にコミュニケーションできる仕組みを提供しています。PC42億、モバイル111億PV。では実際にログインして解説します。

そういうあてつけになっていますけど。ユーザー数は順調に伸びておりまして。属性ですが、首都圏、大阪、京都に偏っていますが、地方は弱い感じです。招待性のなごりかなと思っていますけども。年齢分布は20代、30代前半。20代では日本の人口の55%という計算になっております。

もっとも使われているのは日記です。人気の理由は電話やメールよりコミュニケーションの敷居が低いということがいいところです。わりとたわないもないことが書かれています。気軽な日記がコミュニケーションをできる仕組みがこれまでのメディアではなかったという。電話で30人の友達に今日こんな昼飯食べたみたいなことは難しいわけです。それに対してミクシィの日記は相手が見るかどうかの保証はないけども、保証が内分敷居が低く、思ったことを素直に吐き出すことができるというコミュニケーションになっています。潜在的にそういうコミュニケーションをしたいという潜在欲求があったのがミクシィの大きな成長、人気の理由ではないか?と思っています。

ソーシャルグラフが成功の鍵。リアルな人間関係をベースとしたユーザー同士のつながり。ブログやSNSにはない利なるなコミュニケーションをしています。

これまでの歩みとして、2004~2005はSNSの競争期、2005~2006はPCでの急速な拡大、2006~2008モバイルの立ち上げ、というステップです。モバイルの広告がいまいま急速に売り上げが伸びています。

若い女性の日記を中心にコミュニケーションをするサービスとして成長しているというぶぶんですね。発信回数も女性のほうが多く、コメントも女性のほうが多いです。今後は30代の男性同士、40代の男性同士、親子、孫などのコミュニケーションが日記がもっとも使いやすいコミュニケーション手段なのか?というのがありあす。それぞれの属性に合わせたスタイルがあるんじゃないかと。

今後は日記は強化しながらも、それぞれのユーザーに合わせたコミュニケーションサービスを実地していきたいと思っています。今年度の取り組みですが、

サービスの多様化
ユーザー・利用シーンの多様化
メディアとしての多様化

の3つを予定しています。登録性は今年の上半期に実施予定です。18歳未満の高校生の利用についても進めていきます。健全性について配慮しながら進めていきます。3つまはミクシィならではの広告展開ですね。

サービスの多様化
プラットフォームの解放。様々なパートナーと連携しやすくるなる。これまでおミクシィは任天堂スタイルでした。これからはファミコンの本体もどなたさまも作れるというかたちにしていきます。

ミクシィプラットフォームの事例(1)
ミクシィアプリ
企業でも個人でも提供可能。

ミクシィプラットフォームの事例(2)
ミクシィ年賀状。日本郵便との連携で実現したものでプラットフォーム開放を使って実現しました。2ヶ月で70万通。年賀状に関しては今まではできなかったサービスです。これまでは埋もれていたコミュニケーションを救済したサービスといえます。今年も展開したいと思っています。

ミクシィコネクト
ソニーのデジタルカメラ、iPhoneなどの端末用アプリなど。

・メディアとしてのミクシィ

原田氏登壇

メディアとしてのミクシィの3つのキーワード
・高頻度接触
・口コミ
・・・・

ミクシィ利用のロールモデル。あさはPCなどで移動中はモバイルで、昼休み、リアルでもミクシィ内の日記やニュースが話題に、かえってPCなどでその日を振り返るという。

クチコミが起こるポイントは2カ所。リアルな場所、職場や学校、バイト先、などで日記の延長がバイラるする。もうひとつはネットでのバイラル。従来のネットのコミュニティでのバイラルは、知らない人から聞く情報と実際の知人、友人から聞くのは情報価値において大きな違いがあります。

ターゲッティング広告について
アバターなどではなく、実生活のプロフィールをベースにミクシィにユーザーがいまるのでそれをもとに効率的にリーチしていけます。特定のエリア、女性向け、旅行カテゴリなど・・。

ミクシィのインタレストターゲティング
ミクシィ内の200万個のコミュニティから該当するユーザーが参加コミュニティの集合を解析することよにより、ビール、沖縄のコミュニティに入っている人に旅行の広告を表示するなどです。

コミュニティ型のプロモーションの事例
ユーザー参加型、共創型です。

・ベンジャミンバトン
参加ユーザー10人のリアル顔入りのコメント
ペアでマイミクを映画の試写会に招待
>伝えたいのは良質ナホンモノの表情です。

・商品開発型コミュニティ
エースコック、議論、試食会、発売、工場見学など
>創りたいのは話題の商品です。

・コカコーラプラス
公認アカウントになると特典がもらえる
11万人がマイミクに
サラジェシカパーカーは3万人のマイミク
>新商品コンセプトへの親近感(マイミクという仕組みを利用した)

・ユーザーから広告を募集
ある商品の中身を解説、バナー応募2000件
テキストは1万5千以上の応募があった。
よくクリックされたものが表示頻度があがっていく。
>うただひかるのバナー
>顧客が作り、顧客が選ぶ広告です。

・出産予定カレンダー
公認アカウント「たまちゃん」によるコミュニケーション
カレンダー登録2700件、マイミク28000件
たまひよとのコラボ
>つくりたいのは同じ気持ちの人を集めてその気持ちを盛り上げるメディア

・ミクシィ年賀状
PCのみの展開にも関わらず70万枚の注文
年末の話題を喚起し多くのコラボ露出に成功
ミクシィのリアルな友人への想い
>忌みだしたのは世間的な盛り上がり

・ミクシィのコミュニケーションスタンス
トレンドクリエーターである若い女性ユーザーを中心に
情報寿発信において、もっとも心地いい状態でスタンバイ
ミクシィだと発信するのは仲の良い友達や親友が周りにいるという状態がミクシィのなかにあるからです。これをコミュニケーションスタンバイと言っています。
[PR]

# by pomerade | 2009-04-15 07:30 | ネット
2009年 04月 15日

映画「ヤッターマン」を見ているとなぜか日本文化について考察したくなってしまう。


(14 APR 2009 新宿ピカデリー)

大人向けおバカ映画。
あと20分短ければ傑作だった。

三池監督を指名したプロデューサーが凄い。
深キョンをキャストした三池監督が凄い。

CGと実写のなじみも日本映画トップクラス。
後半の冷たい色調はらしくなくて地味で残念。
びっくりどっきりメカの出世魚はなかなか良い。

深キョンのコスプレとスーツの似合わない櫻井くん。
地味めの福田ちゃんの股間金属棒でこすられも良かった。
三池監督にはポールバーホーベンに通ずる
大人の悪趣味を感じていい感じ。すし屋のシーンの
特別出演にアニメ時代のファンは感涙である。

なぜかこの映画を見ていると日本文化を考えてしまう。
宗教観のなさがナンセンスさを生み出していたり、
セックスへの照れがエッチ文化を生み出していたり。
ヤッターマンやドラえもんなど高度成長期の傑作は
工業製品への信仰みたいなものを感じさせる。

日本のガジェット&テクノロジー信奉に70年代のヤッターマン
をはじめとしたポップカルチャーが果たした役割は大きい。

農業国ではなく工業国を選んだ日本の宿命について
考えるきっかけになったといえば言い過ぎか。

そういえば、ドロンジョとその一味の絆は
三蔵法師と悟空たちに似ていると思った。
[PR]

# by pomerade | 2009-04-15 07:10 | 映画
2009年 03月 13日

生後75日の息子が夜中にアップデートされたようだ。

生まれてから夜中も3時間おきにおっぱいを要求していた息子が5時間や6時間連続して寝られるようになってきた。うんちも1日に10回以上していたのが、だんだんまとまって出るように。なるほどー、内臓というものができてきたんだなーと実感。

ここ数日、よく寝ている時に夢を見ているようにピクッピクッビクビクッ!と電流が走っているような動きを見せていたのだけど、今朝起きてびっくり!昨日までとまったく違う表情を見せて笑い、これまであまり注目していなかったメリーを凝視して楽しんでいるではないか!

その様はまさに「アップデート」された「息子1.5」という感じ。
なるほど、あの夜中にビクビクッとしてたのは脳内の新しい回路がつながっていく時の反応だったんだな?

3ヶ月から8ヶ月の間に脳内の細胞は激しく分裂して成長すると子育て本には書いてあるけど、まさにその最初のアップデートがはじまったという感じだ。それまでの息子は笑っているように見えることはあっても、筋肉の硬直だなと思えるものばかり。視力もボンヤリしているので視線を固定できない。それが60日を超える頃に30cmくらい先のものには視線を固定できるようになり、そして今朝から「笑う」ようになり人間としての進化を始めた。

これからどのような脳内のバージョンアップが行われていくのかつぶさに観察したいと思う。

2009/03/11 16:52
[PR]

# by pomerade | 2009-03-13 07:49 | 子育て
2009年 03月 12日

乳幼児から幼児へ、それは視界を獲得すること。

乳幼児は寝たきりならぬ寝たまま。自分で寝返りをうつことはできないので、視線は天井に固定されたまま。彼の世界はそのぼんやりしたベッドの上の天井と近づいてくる母親の顔がすべてである。

しかし、首が座り始めてくる60日を超えてくるとそれが変わってくる。夕方に風呂に入れたあと運動させ眠くさせようという作戦をしているのだが、お父さん登りに挑戦させている。胸に抱っこして首を支えてあげる。すると自分で視界を獲得しようと足をぴんと伸ばし、首をあげようと頑張る。これがお父さん登りだ。その時の表情というのは新しいことにトライしようとする人間の心意気のようなものが感じれて大変微笑ましい。

自分の見たいものを自分の力で見る。

犬や馬なら生まれた日にできることを人間の赤ちゃんは半年近くかけて獲得するのだ。人間は四足から二足へ、地上から木に登り世界を俯瞰することで視野を広げ進化してきた。乳幼児から幼児へのプロセスはまさにその進化の歴史の凝縮である。自分の肉体の動きによって獲得した新しい視界を手にしたとき、赤ちゃんの瞳孔は大きく開く。新しい視界の獲得。それはまさに彼にとっての新大陸発見なのだ!

2009/03/11 17:02
[PR]

# by pomerade | 2009-03-12 11:31 | 子育て
2009年 03月 09日

寄り添うような映画。監督は「そこにいることの天才」かもしれない。


(2009/02/07ユーロスペース)

空とコムローイ~タイ、コンティップ村の子どもたち~

寄り添うような映画。監督は「そこにいることの天才」かもしれない。ラフなカメラワークも特に気にならず、コンティップ村で一緒にファの成長を見守る。ことさら主題を構えるでもなく、それとなく寄り添う。この感じが映画の最大の魅力。おおらかな家族のようなこの村の空気をこの映画を通じて吸ってみてほしい。
[PR]

# by pomerade | 2009-03-09 19:18 | 映画
2009年 02月 09日

フランス人になったような気分になる映画「PARIS」


(2009/02/05 ル・シネマ)
「PARIS」
★★★☆☆

フランス人になったような気分になる2時間。
クラピッシュ監督作品に共通する「あとあと記憶のように錯覚するような空気感」を楽しめる。

リアルな都市に地図や絵はがきを重ねるというモチーフを使っているのが興味深い。たくさんの登場人物が印象的に出てくるが、それぞれが濃密に絡むわけではなくアメリカ映画を見慣れていると肩すかしを食らう感じはあるが、見終わったあとにボディブローのようにいろんなシーンが脳裏をかすめる通好みの作品かも。とはいえ、ちょっと長すぎ。カメルーンのシーンなどは完全に消化不良。

キャスティングはわき役にいたるまでとても行き届いていて見ていて楽しい。個人的にはそれほど好きではないジュリエットビノッシュだが、微妙な表情や上気していく演技にフランスを代表する女優の貫禄を見た。選曲もおもしろく耳も楽しめる。
[PR]

# by pomerade | 2009-02-09 18:02 | 映画
2008年 12月 17日

ポメラを毎日使って感じたこと。

買った5分後からポメラで書き続けたコラムのまとめエントリー。
常にトップページに表示されます。

2008年 11月 13日(購入5分後)
ポメラ使い始め10分コラム
2008年 11月 13日(購入10分後)
ポメラは21世紀のタイプライターである。
2008年 11月 13日(購入20分後)
中央線の東京→高円寺で書いたポメラコラム。
2008年 11月 13日(購入1時間後)
ポメラは旅日記に最適なガジェットだ。
2008年 11月 14日(購入2日目)
ポメラの直射日光下での視認性。
2008年 11月 14日(購入2日目)
ポメラが誘う世界とは?
2008年 11月 14日(購入2日目)
ポメラが何に使えるか?なんて考えてはいけない。
2008年 11月 15日(購入3日目)
ポメラの画面は原稿用紙。
2008年 11月 15日(購入3日目)
旅にはポメラとカメラ。
2008年 11月 16日(購入4日目)
ポメラde各停コラムという手法。
2008年 11月 17日(購入5日目)
身体の一部になるデバイス、ポメラ。
2008年 11月 18日(購入6日目)
ポメラで便利なショートカット一覧
2008年 11月 18日(購入6日目)
ポメラは自分の脳を検索する装置。
2008年 11月 22日(購入10日目)
ポメラのキーボードの触感はMacBookとneonに似ている。
2008年 11月 22日(購入10日目)
ポメラ壊れた。。。
2008年 11月 25日(購入13日目)
ポメラはメモ帳ではなく万年筆だと思う。
2008年 11月 26日(購入14日目)
ポメラの生みの親に会えた。
2008年 11月 26日(購入14日目)
コーヒー&ポメラ
2008年 11月 26日(購入14日目)
ポメラのオートパワーオフはネーミングミスだ。
2008年 11月 26日(購入14日目)
「ポメラdeコラム」のフロー
2008年 11月 27日(購入15日目)
ポメラの本領は電車で目的の駅に到着した瞬間に発揮される。
2008年 11月 30日(購入18日目)
「第5回 DEMOsa」の現地ポメラメモ。
2008年 12月 1日(購入20日目)
ポメラを使い初めて半月。
2008年 12月 2日(購入21日目)
ポメラプロの製品企画を勝手に考える。
2008年 12月 8日(購入27日目)
ポメラの内蔵メモリーを使う意味はほとんどない。
2008年 12月 9日(購入28日目)
日記専用ポメラの仮想仕様を考える。
2008年 12月 11日(購入30日目)
ポメラユーザーとしてNHK総合テレビに出演。
[PR]

# by pomerade | 2008-12-17 19:07 | ポメラ