ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 15日

映画「ヤッターマン」を見ているとなぜか日本文化について考察したくなってしまう。


(14 APR 2009 新宿ピカデリー)

大人向けおバカ映画。
あと20分短ければ傑作だった。

三池監督を指名したプロデューサーが凄い。
深キョンをキャストした三池監督が凄い。

CGと実写のなじみも日本映画トップクラス。
後半の冷たい色調はらしくなくて地味で残念。
びっくりどっきりメカの出世魚はなかなか良い。

深キョンのコスプレとスーツの似合わない櫻井くん。
地味めの福田ちゃんの股間金属棒でこすられも良かった。
三池監督にはポールバーホーベンに通ずる
大人の悪趣味を感じていい感じ。すし屋のシーンの
特別出演にアニメ時代のファンは感涙である。

なぜかこの映画を見ていると日本文化を考えてしまう。
宗教観のなさがナンセンスさを生み出していたり、
セックスへの照れがエッチ文化を生み出していたり。
ヤッターマンやドラえもんなど高度成長期の傑作は
工業製品への信仰みたいなものを感じさせる。

日本のガジェット&テクノロジー信奉に70年代のヤッターマン
をはじめとしたポップカルチャーが果たした役割は大きい。

農業国ではなく工業国を選んだ日本の宿命について
考えるきっかけになったといえば言い過ぎか。

そういえば、ドロンジョとその一味の絆は
三蔵法師と悟空たちに似ていると思った。
[PR]

by pomerade | 2009-04-15 07:10 | 映画


<< ミクシィで実現するコミュニティ...      生後75日の息子が夜中にアップ... >>