ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 13日

ポメラ使い始め10分コラム



ここは有楽町のドトール。ポメラの最初のコラムをかく。まずは時刻をインサートしてみる。メニューボタンを押して編集から日付と時刻を選ぶと即座に2008/11/13 18:09とインサートされた。うちはじめの感じとしては、バックスペースが小さいのでその上の電源ボタンをヒットしてしまうのだが、これは慣れの問題だろう。電源ボタンは長押ししなければ作動しないので問題ない。文字サイズを中にして画面の背景を黒にして書いているが、非常に見やすい。なんというか、カラーの液晶で発光体をみながらドライアイになりつつ書くのと違って、目に優しいというのが第一印象だ。

ビックカメラの5階テプラ売場で売っていた。22400円で白のみだったがレジで聞いてみると黒もあるとのことでThinkPad風のビーチスキン塗装が気に入ったので黒を買った。キーボードはレッツノート風の白で第一印象はへちゃいが、打っていると意外となじんできた。パソコンはパームレストが標準的だが、ポメラはパームレストがない。キーボードの高さは一般的な二つ折りケータイを開いたときのテンキーの高さくらいだ。この高さが新鮮で文章がどんどん打てる。パームレストから不快なパソコンの熱を感じたり、汗ばんでぬめってくる感じがないからだ。バッテリーの残量も気にしなくていいし、メールやらブラウザやらもないので文章を書くことに集中できる。この感覚は多くの人に支持されるだろう。それはちょうどポメラを通じて文章を打つことが、なにか自分だけの小さな書斎の中で書いているような気分にさせるからだ。

もしあなたがニュースソースのコピペ程度のブログに辟易としているなら、ポメラを買って自分の心の中から生まれる文章を書いてみることをおすすめする。ポメラは21世紀のコラムライター必携ツールになるだろう。

さて、ここまでで2008/11/13 18:19ということで10分。慣れれば5分程度で書けそうだ。

(川井拓也)



[PR]

by pomerade | 2008-11-13 18:19 | ポメラ


<< ポメラは21世紀のタイプライタ...      ===ポメラ電池交換(初回)=== >>