ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 14日

ポメラの直射日光下での視認性。

ポメラを使いはじめて2日目。2008/11/14 12:57 トータルの使用時間は1時間くらいだろうか。ヒマナイヌのホワイトルームの屋上で書いている。とてもいい天気だ。冬の強い日差しが道行く車のウィンドウに強く反射している。ポメラの液晶はモノクロでグレースケールというよりは二値っぽい感じ。直射日光の下でもまったく問題なく見える。設定で白背景に黒文字、黒背景に白文字が選べるが、黒背景が好みだ。あらゆるノートブックがカラー液晶である時代は、逆に直射日光下で見やすい液晶を探すのは難しい。ポメラの屋外での強さは特筆に値する。

キーボードは6列構成で一番上のファンクションキーと数字の列は他のキーより縦が小さい。使用頻度を考えると慣れればそれほど不便には感じない。よくみるとこのキーボードに刻印されているアルファベットのフォントはなかなかいい。ひらがなは小さく配置されているし、白いキートップに薄目のグレーというのが目に優しい。すでにポメラのレビューブログなどでは右側のガタツキが指摘されているが、個体差があるのかあまりそうは感じない。

まだ使って2日目にも関わらず、かなり前から使っていたかのような愛着すら感じる。新しいカメラを買うと見慣れた街も新鮮に感じるのと同じように、ポメラを持っているとちょっとした公園のベンチが自分の書斎のように見えてくるからおもしろい。ポメラdeコラムはどこでいつ書いているのかを常に記録しながら進めていこうと思う。2008/11/14 13:08

(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-14 13:08 | ポメラ


<< ポメラが誘う世界とは?      神宮上空50m。 >>