ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 26日

ポメラのオートパワーオフはネーミングミスだ。


2008/11/26 09:56

ポメラにはキーに触らないと任意の時間で液晶が消える機能がある。メニューには「オートパワーオフの設定」とあり、1分、3分、5分、10分、15分、30分、45分、60分、しない、と妙に細かく設定できる。これ「パワーオフ」とあるが「スリープ」の間違いだと思う。

たとえば1分に設定しておく。1分で液晶が消える。キーボードのいずれかのキーを1タイプすればすぐに元の画面に戻る。カーソルキーも元の位置で点滅している。電源キーを押す必要はない。パワーオフではないのだ。ノートパソコンの寝起きの悪いスリープに慣れているとポメラの寝起きの良さは気持ちいい。

ポメラは電源ボタンでオフにしたり、キーボードを畳むことで自動でオフになるがその場合、次に使う時は電源ボタンを長押しする必要がある。カーソルキーも文頭に行ってしまう。付箋紙機能を使って防ぐこともできるがまめでない人にはお勧めできない。

ポメラで文章を書いていてちょっと移動してまた書き始めたいときは1分でスリープにして、そのままキーボードを畳まずに液晶を閉じて持ち歩くといい。移動して開いてキーをたたけば前の状態のまま復帰できる。その際に液晶を閉じきってしまうとゴムがキーに接触して液晶がついてしまうので少し手前で止めるのがコツ。本の読んでいるページに指をはさんだまま電車の乗り換えをするような感じ。

細かいティップスだけど、お試しあれ。

2008/11/26 10:08 645文字
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-26 10:08 | ポメラ


<< 鯛プチ知ってる?      コーヒー&ポメラ >>