ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中野( 1 )


2008年 12月 12日

中野北口のカルマ。


2008/12/12 14:54
中野駅北口から少し新宿よりに歩いたところに「カルマ」がある。この不思議な光に満ちたカフェは、かなり昔からやっている地域の名店のようだ。

何度もいきたくなる店には独特の時間が流れている。
それはきっと光であり音であり空気によるのだと思う。

「カルマ」は目の前が中央線の線路で高い建物がない。南向きなので昼から夕方にかけてそのまま太陽の光が差し込む。ランチタイムがおわると「きんぎょのヒルネ」というカフェタイムがはじまる。この時間帯の「カルマ」に差し込む光はまるで映画のようだ。

店内は無造作に見えて時の積み重ねにより味のでた猥雑さと繊細さが同居している。広さにして5坪程度。小さなキッチンの周りを客席が囲む。席は12席程度しかなく、隣と距離が近いのに絶妙な配置によりどの席でもとても落ち着ける。はじめてこの店に入ってもまるで昔から来ているかのように接客してくれる店員さん。しばらく店内にいると、なにか不思議な時間をまとったお客さんが次々にやってくる。それぞれが店内にある古本やフライヤーを見ながら思い思いの時間を過ごしている。窓から差す午後の優しい光にぼんやり聞こえる駅のアナウンス。時空の片隅にすっぽりはまってしまったかのような不思議な時間。

太陽が沈みかける時間帯にふらりと中野に降りることがあったら寄ってみてほしい。

2008/12/12 15:15
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-12-12 22:46 | 中野