ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:高円寺( 7 )


2008年 12月 17日

カウンター式どんぶり屋、モーガンカフェ。


2008/12/17 12:50
庚申通り早稲田通り寄りの「モーガンカフェ」にいる。おそろしく急な階段を上った2階にその店はある。長いカウンターが8席と4人がけのテーブル席1つだけのこじんまりとした店。小汚い感じだが、妙に落ち着くので好きな店だ。メニューはどんぶりものがメインなのだが、これがけっこういける。

なんというか、料理が得意な男友達の家に来た感じというか、ルームシェアしていて料理がうまいからおまえ掃除しなくていいと役割分担された友達のご飯を食べている感じというか。

今日は2回目でランチタイムに入ってカリフォルニア丼を頼む。カリフォルニア巻きは知っているが丼ってなんだ?出てきたのはサーモンとマグロにアボガドを入れマヨネーズと醤油風味のドレッシングで和えたどんぶり。味噌汁とヤッコがついて780円。昼下がりの店内に流れるアシッドジャズに耳を傾けながら食す。かなり満腹になる。

ちょこちょこ入ってくる客は近所の一人暮らしといった感じの人たち。女の子もひとりでふらりとやってくる。基本カウンターを介して客と店主というバー形式の配置だが、もくもくとどんぶりを作る彼は存在感をいい感じに半分消している。

庚申通りを歩いておなかが空いたらふらりと入ろう。
高円寺スタイルどんぶりカフェの時空間を体験できる。

2008/12/17 13:16
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-12-17 12:50 | 高円寺
2008年 12月 17日

正しい喫茶店、高円寺茶房。


2008/12/17 11:51
「高円寺茶房」にいる。外は雨だ。店内はクラシックがかかっている。曲名が思い出せないが、このメロディを聞くと大林映画を思い出し尾道をモノクロ画面で見ているような気分になる。

この喫茶店は夫婦でやっているのだろうか?ちょっとゴジラ松井に似た店主がコーヒーを入れている。昭和風のエプロンを着た女性が給仕をしている。ブレンド380円。年季の入った喫茶店らしいテーブルにカウンターに並ぶスポーツ新聞。隣ではライターらしきおじさんが富士通のノートパソコンを無心に打っている。鞄を持たないご近所さんと思われるおじさんがドアを開けて入ってくる。

すべてにおいて正しい喫茶店の姿。心地いい。

メニューを見る。パスタやトーストなどに加えて、本日のサービスとして200円のレアチーズケーキと100円のマロンケーキがある。コーヒーのお供にマロンケーキを頼む。地元のケーキ屋のマロンケーキの味。これまた懐かしい。

喫茶店というのは、店ごとに独特のトーンがある。ドトールは忙しいビジネスマンの止まり木のような場所。スタバはOLが気分転換にやってくる場所。マクドナルドは中高生が受験勉強をしたりおしゃべりをする場所。

高円寺茶房のような昭和な喫茶店はなにを稼業としているのかわからない人たちが誰にも邪魔されずに自分の時間を過ごすための場所。店も客も互いに干渉しないという哲学のもと、実に日本的な空気が漂っている。

高円寺茶房は北口純情商店街を入りつきあたりを右に行った左手にある。昭和な時空間が好きな人は昼下がりにいって見て欲しい。

2008/12/17 12:12
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-12-17 11:51 | 高円寺
2008年 12月 08日

Yonchome Cafe


2008/12/08 17:32
珍しい時間に高円寺に戻れた。昼飯をくいっぱぐれたのでどこかに入ろうと南口へ。ふと駅前広場を見渡し、行ったことのない喫茶店に入ろうと思った。左手にいい案配に薄暗く光っている喫茶店を見つける。近づいてみると「YonchomeCafe」とある。ここ四丁目なのかな?階段をあがってみるとと喫茶店というよりバーの趣。ちょっと麻布十番のモンスーンカフェに似ているかな。

ハッピーアワーとやらで、ドリンク頼むとおつまみバイキングがついてくる。ビールを一杯頼む。おつまみはフライドポテトとサラダとリゾット。リゾットなんかは固くなってしまっているがまあいい。おまけだからね。

このカフェからの見晴らしはなかなかおもしろい。駅のロータリー全体が見渡せるし高架である高円寺の駅のホームもちょうど見える。隣のビルは銀行で、閉店後に社員を集めてセミナーみたいなのをやっているのが見える。ちょうどいいパースで街の動きが見渡せる感じ。

こういう風景はすごく好きだ。
そのカフェのメニューがどうこうより
この風景を見ることにお金を払ってもいい。
そんな感じ。

自分が団地で育ったせいか、地上から少し高さがあって街全体が見渡せる風景が好きみたい。よくゲームなんかで45度ぐらいの俯瞰でアバターや街が見えるアングルがあるけど、あんな感じが好き。だから、高さは2階か5階くらいがいい。10階を超えると神の目線に近づきすぎて街の呼吸がその風景から伝わってこない。一時期六本木のアカデミーヒルズの会員になったことがあった。49階は最初は新鮮だったけど、あまりに世界を見下しすぎている風景に見えてやめたっけ。

高円寺って街はアイレベルはだいたい1階か2階。上から目線とは無縁な庶民目線なんだけど、そういうのって街の性格にも反映されてるんだろうな。

(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-12-08 17:32 | 高円寺
2008年 11月 29日

高円寺、アール座読書館。


2008/11/29 18:29
ここは、アール座読書館。どこかでみたチラシが気になり、今日初めて入る。足を踏み入れると時空が変わっていた。まるでアメリの部屋のような深緑の本棚に振り子時計の音と優しいギターの音。床は古い家のようなので一歩歩くごとにミシミシと音をたてる。小さな学校のような机が窓際に並ぶ。

うーん、高円寺だなあー。
店主の脳内がそのまま店になっている。

座った窓際の席には小さなメニューがある。紅茶やコーヒーにブラウニーなどもある。ブラウニーは「深夜に家の掃除をしてくれる小人が名前の由来。」なんて添えられている。ふーん、知らなかった。紅茶を頼むと店主が持ってきてくれた。とても丁寧な口調。本棚に行き、何冊かピックアップして席で読む。イスは少し教会っぽいボックスシートというか、囲まれ感のある二人用のイス。小さなクッションがあり、窓際も植物にあふれている。

なんか、こんなカフェがあるなら
自分の家で本読まなくてもいいや。
そう思えるほど、見事な読書部屋である。

なにより、いいのが正面にある振り子時計の音である。振り子時計の音というのもいろいろあるが、カチカチとこぎみよく、時間になると控えめな音で時の数だけ鳴る。この時計の音がアール座読書館の時空を決定づけている。店主はきっといろいろな古時計を見て回り、耳を近づけて「これだ!」と思って買ってきたんだろうなー。

高円寺の西友の裏にあるアール座読書館。
好きな本と自分だけの濃密な時間を過ごせる。
本好きの人はぜひ行ってみて欲しい。

2008/11/29 18:40
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-29 18:40 | 高円寺
2008年 11月 29日

しあわせ色の黄色い径 こうしん通り。


2008/11/29 16:16
高円寺庚申通りの名の由来は民間信仰の庚申塔が商店街の真ん中にあることによる。だからマスコットは猿。通りにはその猿が微笑む登りがはためいているのだけど、それがいつのまにか新デザインにリニューアルしているではないか!そこには新しいキャッチコピーが踊っていた。

「しあわせ色の黄色い径 こうしん通り」

おおっ!今までこの商店街の舗装タイルが黄色いということを意識したことはなかった。なるほど、足元を見てみると確かに黄色い。しかも年季が入っていていい味だ。この「幸福の黄色いハンカチ」を彷彿とさせるキャッチコピーなかなかいいじゃない。

天気がいい青空をバックにハタハタと揺れる登りを見て思った。アーケードがないからいつも空が見えるのが庚申通り商店街のいいところ。商店街の建物はみな2階建てだから太陽の光もよく路面を照らす。庚申通りが昭和風味を醸し出している理由はそこにある。そういえば道ではなく径ってのもなにかこだわりがありそうでいいね。

今度時間あるときに誰がこのキャッチコピーを考えたのか商店街の人に教えてもらおっと。

2008/11/29 16:22
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-29 16:22 | 高円寺
2008年 11月 29日

ビレッジバンガード高円寺店開店。


2008/11/29 15:49
いい天気なので高円寺を散策。ミクシィの高円寺コミュニティによるとビレッジバンガードがパル商店街にオープンしたというのだ。西友のあたりまで行ってみるとあったあった。

さあ、無駄使いしましょう。

というPOPがあって微笑ましい。中に入ると本屋というよりは雑貨屋。2階もあって、日用品までてんこ盛り。高円寺向けの商品アレンジをなるほどふむふむと思いながら見る。ひとつそそられたのがブラウン管テレビ型のLED時計。緑色のLED表示が本当に初期のブラウン管のぼやっとした感じで見事。6800円?いかんいかん、やめとこう。もう一人暮らしじゃないんだしな。

小腹が減ったのでエトワール通りをプラプラ。左手に黄色いカレー屋があってスープカレーがうまそうだったけど準備中。行きつけの米屋さんを過ぎて行くが遅めのランチをやっている飲食店がない。一本駅よりを引き返していきパルに戻る。デビルズキッチンというゴールドラッシュっぽいハンバーグ屋に入る。ガーリックハンバーグが550円。ライス大盛り250円。ビールも頼んだら1200円になっちゃった。

2008/11/29 16:08
ふうー、おなかいっぱい。ガーリック利いていていい感じ。B級グルメとしては合格。ファミレスっぽい席の配置は高円寺では珍しいからいいかも。店内の音楽はもうクリスマスソング。食後のコーヒーはアール座読書館でいただくつもり。ここのコーヒーは680円。高いけど、そのために今日は読む本を持ってきた。高円寺のアバッキオで買った「子どもが世界に出会う日」だ。チャップリンからヒットラーまでの幼少期の話が書いてある。一気に読んでしまおうと思う。

2008/11/29 16:16
(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-29 16:16 | 高円寺
2008年 11月 16日

高円寺ららマートが閉店。

2008/11/16 13:08
新宿から中央線に。新宿駅の工事のためか各停しかないらしい。昨夜、地元にちょっとしたニュースが流れ衝撃が走った。庚申通りのららマート倒産!23時くらいに通りかかり、大一広場の前でおじさんが「庚申通りは壊れていく!」と叫んでいた。妙な風景だなと思って帰るとミクシィの高円寺コミュの更新情報にららマート倒産のニュースが。さみしくなるねえ。

2008/11/16 13:10
代々木通過。ナンミ食堂という店が早稲田通り沿いにある。小さな食堂でカウンター席が5つだけ。最近知り合った高円寺っ子が「いいですよー!」と言っていたので一人で入ってみた。こじんまりとしてて落ち着く。いろいろな出会いもありそうな店構えだ。

2008/11/16 13:12
千駄ヶ谷通過。高円寺の大一広場と言えばラーメンの平石が有名。魚系のだしがきいていてうまい。この平石の前に乾物屋の関澤がある。この店主実は落語家でもある。最近見に行ってから知り合いになりおもしろい情報をいつもメールで送ってくれる。10年住むと決めた街で古くから店を構える人と関係を作っていけるのは楽しい。

2008/11/16 13:14
信濃町通過。高円寺はなにかと生活指数が高く商店街が充実しているが、おいしい魚を買える店が見あたらない。郊外に住んでいた時は近くにヤオコーがあり、それなりにいろいろな魚が並んでいたのだが。誰か知っている人いる?

2008/11/16 13:16
四谷通過。高円寺は自転車が主な交通機関だ。おばちゃんもパンクも小さな自転車で人混みの商店街を見事に通過していく。とてもアジア的。深夜は同棲カップルの二人乗りが多く微笑ましい。

2008/11/16 13:17
市ヶ谷通過。高円寺に彦六というバーがある。庚申通りの真ん中くらいの路地を右に入ったところ。この店主はウクレレアフタヌーンという活動を主催している。なんでもウクレレを持ち寄り公園でセッションするというような緩い活動らしい。きょとんとしたキャラクターが客とつかずはなれずの絶妙な感じで最近ちょくちょく通っている。

2008/11/16 13:19
飯田橋通過。高円寺の南のエトワール通りの先にいい個人商店の米屋さんがある。脱穀したてを1キロから量り売りしてくれる。お米の種類も豊富。コーヒーも何種類か家に常備すると選択肢が生まれて楽しいが、お米も同じ。うちは2キロ入るタッパーを4つ買い、おかずによってお米を変えている。なんとなく楽しい。

2008/11/16 13:21
水道橋通過。高円寺の住人というのはなにか共通のムードというものがあって、新しい出会いを積極的に受け入れる傾向がある。名前も知らないまま別れても、またここで飲みましょう!なんていい、実際にふらりとその店に行くと再会できたりする。そんな感じが日常なのだから、高円寺がいかに居心地がいいか他の沿線の人にも想像できるでしょ?

2008/11/16 13:23
お茶の水で乗り換え。ホームでたったままポメラでタイピングしてみる。速度は半分に落ちるが打てないことはない。左手の手のひらに本体をのせて右手で打つ。

この各停の電車でポメラを開き、駅を通過するごとに話題を変えていく「各停コラム」はやりはじめるとおもしろい。ぜひポメラニアンは真似してね!

(川井拓也)
[PR]

by pomerade | 2008-11-16 13:23 | 高円寺