ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 03日

自分の親になにをプレゼントしたらいいか?

1月3日は70になる母親の誕生日なのだがいつも妻と頭を悩ます。物質的なものはあまり望んでいないのでこれまでに「ブルーマン」「キダム」などを送ってきたのだが、今年は何にしようか?と。近くにある座・高円寺に大曽根誠のライブがくるのでそのあたりは?と思ったがスケジュールが合わず断念。とりあえず新宿に出て街を歩きながら考えることにした。JTBの店舗が見えたので温泉旅行でも贈るか?となり相談をはじめた。特定のツアーを贈るとスケジュール変更などが大変なので5万円のパック券に。これは一泊二食でいろんなホテルが選べるもので悪くない。交通費は別になってしまうんだけど1年以内ならいつでも行けるらしい。

高島屋の地下で都内の有名パティシエのケーキを集めた店があるのでそこで4つほどアソートして帰る。おじいちゃんが腕を振るった魚料理を食べ3世代家族団らん。おじいちゃんからおばあちゃんへは時計のプレゼント。目が悪くなったから文字盤の大きな腕時計というのが泣かせる。旅行券をプレゼントしたらシルバーは電車は安いからありがたいとの話。よかったよかった。とにかく二人とも元気なうちはどんどん旅してもらいたいね。自分も子育てはじめて思ったのは夫婦二人きりの時間って意外と短いということ。だから子供も大きくなり二人きりの時間はほんと第二の青春のように過ごしてもらいたいものです。
[PR]

by pomerade | 2010-01-03 21:00
2010年 01月 02日

3世代で正月を迎えられる幸せ

今年は自分の両親と妻と息子とひとつ屋根の下で正月を過ごすことができた。それを見ていてこれ以上の幸せもないだろうなと思った。人間は3世代が同時空上に存在可能でその3世代の体験を合計すると100年分の記憶になるという話をどこかで聞いたことがある。孫と遊ぶ自分の両親の満面の笑みを見ていてこれが子供を育てた人への最高のプレゼントなんだなとおもった。自分は遅めの子供だったので孫が見られるかどうかは分からないけど、命のリングがつながったことを感じるのはすてきなことだろうなと思う。

親の場合、子供といることは日常なので全力でかまう時間はわずか。それに対しておじいちゃんおばあちゃんにとっては孫と遊ぶのは非日常なので常に全力投球。見ていて明日ダウンしなければいいけど。。と心配になるくらいハイハイして見せたりヨチヨチ歩きをアテンドしてあげたりはりきっている。息子もそれに応えて満面の笑み。カメラのメモリーがなくなるくらいシャッターを切った。

おじいちゃん、おばあちゃんに息子を任せて2時間別の部屋に妻とこもった。いわゆるならし保育。肉親であることもあってなんの問題もなさそうということが分かり昼ご飯を食べさせてから1年ぶりに夫婦だけで映画に。「カールじいさんの空飛ぶ家」を見た。同じ監督の「WALL E」もそうだったけどサイレント映画っぽい演出がうまいね、この人。日本語吹き替えの3Dで見たんだけどさすがにまだ3Dは明度がカクンと落ちてしまってイマイチ。映画は楽しめたけどちょっと長いね。あと10分短くてよかった。後半にカールじいさんが奮闘すところはスターウォーズのヨーダがすばしっこく動くのを思い出したけど。

家に帰るとおじいちゃん、おばあちゃんの全力保育で上気した息子がにこやかなに迎えてくれた。高円寺の商店街で育て0歳の時からあらゆる場所に連れ歩いただけあってわりと平気な顔してて安心。待機児童で4月こそ保育園に!と思ってるけどそれまでは息子の成長ぶりをじっくりそばで見ることにしよう。
[PR]

by pomerade | 2010-01-02 21:00
2010年 01月 01日

2010年代とはどんな年代になるのか?

2010年があけた。こうして21世紀もあっという間にミッドセンチュリーになるんだろうね。2001年になったときはあの「2001年宇宙の旅」の年かあ!なんて感慨深く思ったけどその続編の「2010年」はイマイチだっただけに今年は特に感じるものはないかも。それより「ブレードランナー」好きには2019年が気になる。空飛ぶ自動車はできているだろうか?テレビ公衆電話はできてるだろうか?写真に入り込める立体写真は?遺伝子工学のレプリカントは?

自分の場合、80年代が10代、90年代が20代、0年代が30代となり今年からの10年代は40代になる。結婚もして子供もできて守るべきものが増えてきた世代だけど時代が激変していく中でなにができるか?ないをすべきかかんがえなければいけない。最近自分に刺激をくれるのはたいてい年下。年上の人はバブルの消費社会の洗礼を受けただけあってなにかギラギラしている。自分はどちらなのかと言われれればどっちつかずなちゅうぶらりん。両方のいいところをとりこんでいける過渡期世代、よく言えばハイブリッド世代ってところか。

IT業界的には2009年はtwitter元年と言えた。本も出したしフォロワーも7000人近くなった。アーカイブメディアからリアルタイムメディアへシフトしてダイナミックに現実の体験を左右するツールにネットがなりつつある。これに今年はUstreamが拍車をかけるだろう。どのサービスもとりたてて驚くほどの先進性はないのだがユーザーが成熟してモバイル通信網が高速化したことで道具として洗練されてきたことが大きい。電話はすたれメールとソーシャルサービスが必須になっていく時代の空気。でも一方で出j樽コミュニケーションが発展してけばいくほど人と人が会う場所が求められるのも面白い。

あかるいニュースはスポーツぐらいしかないけど、それを嘆いていてもしょうがない。竜馬ブームにのりながらみんなで新しい社会を作っていこうぜよ。
[PR]

by pomerade | 2010-01-01 21:00