ポメラdeコラム

pomera.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 13日

ポメラは旅日記に最適なガジェットだ。


2008/11/13 20:01 さて、高円寺のマクドナルドに入って説明書を読み込む。今日はスタバにドトールとカフェに入ってばかりなので野菜生活を頼む。説明書はなんてことはない。これだけ機能がシンプルなので覚えることもほとんどない。単語登録が約500語であること。単語登録のショートカットがコントロール+F7であること。ページアップダウンはALT+▲もしくは▼であることぐらいか。おっと忘れてはいけない文字数計算。これはF7でいつでも表示できる。選択した部分の文字数をカウントする機能はない。なので1つのファイルには1つの文章がポメラスタイルといったところか。執筆業の人には物足りないだろうが、下書きマシンと思えば特に問題もあるまい。どこでもストレフフリーにキーボードで文章がかけるポメラの自由が2万円強で手に入るなんて安いものだ。

ポメラがどんなことに使えるか考えてみた。ライターや記者の下書きツールはさておき、一般の人にもおもしろい使い方ができると思う。たとえば海外旅行。どんな場所にいるかという環境によって文章や文体は変わる。現地でいろいろ記憶して家で書こうと思ってもライブ感のある文章は書けない。2000年ぐらいに世界1周しながらテレビ番組や雑誌のコラムやメルマガを作るプロジェクトがあった。その時、今でも記憶に残っているのが船の甲板で星空を見上げながら書いたコラムとイタリアのコロッセウムの前で朝の5時に書いたコラムだ。その時使っていたのはVAIOのXR9というA4のヘビー級に重いノートパソコンだった。それでも、外で書く文章が部屋の中で書く文章と違うのは明らかだった。単四電地とポメラをもって旅にでる。気に入った場所でその時の気分を文章に残す。これは新しい紀行文を生み出すだろう。ケータイという親指入力文化がケータイ小説をつくったように、このポメラも新しいジャンルの作家を生むかもしれない。

日記のためのツールとしてもポメラはおもしろい。今や、ミクシィやブログのように文章を入力するのにサービスの入力画面からダイレクトに書き込むというの普通になってきた。エディターやメモ帳で下書きしてから入力画面にコピペする人はわずかだろう。メンテナンス中に書き込みボタンを押したらせっかくの長文が消えてしまった!という笑えない話も多い。あのサービスの入力画面で文章を書くというのは個人的には耐えがたいものだった。文房具なら自分の好きなノートに好きなペンや万年筆が選べる。サービスの入力画面はサービス側の都合による狭い入力エリアにスクロールバー。なんでこんな狭い場所で文章を書かないといけないのか?もし、同じような気分でいつもブログやミクシィ日記を書いている人がいたら、ポメラを使って書いてみてほしい。それはまったくすばらしい体験になるはずだ。

もうひとつ思うこと。それは文章を書くという行為の次のこと。文章と会話というのは違う。たとえばブログでいつも読んでいる文章からかなり知的でシャープな印象を持つ人にはじめてリアルであったらしゃべり方がとてもソフトでフレンドリーでびっくりした、ということがある。文章にするという点でロジカルになる傾向があるが、ポメラのような高速にストレスフリーで入力できる端末なら会話に近い文章も書けるのではないだろうか?それはひとりチャットのような感じ。脳内で交わされる自分ともうひとりの自分の会話を議事録をとっていく、そんな感じ。これも今後このコラムでトライしたいと思う。

2008/11/13 20:20これでだいたい1400文字。まだ2000文字の感覚はつかめていないが自分の体内時計では1400文字くらいがひとつの区切り目のような感じなのかもしれない。

(川井拓也)
[PR]

# by pomerade | 2008-11-13 20:20 | ポメラ
2008年 11月 13日

中央線の東京→高円寺で書いたポメラコラム。

さて、ドトールでの試し打ちも終わったので初日の次のテストは電車内でのタイピングといこう。2008/11/13 19:10に東京駅の中央線に乗り込む。膝の上に直接ポメラを置いてみる。右のスタンドを出さないとキーボードが曲がってしまう。スタンドを出すとうまく固定されるがやや不安定。堅いカバンなどをテーブル代わりにしたほうが安定するかもしれない。

ノートパソコンというのはキーボードに比べて液晶部分もかなり大きい。ポメラを使って感じのはこの液晶部分の小ささ。あっけないほど小さいが視認性は十分だ。2008/11/13 19:13神田通過。キーボードは慣れてくるとほとんどミスタイプしなくなる。キータッチはMacBookに少し近いだろうか?ぺちゃぺちゃとした感じだが、音はあまりしない。爪の先がキーに当たる音がするが指の腹で打つとほとんどサイレントに打てる。図書館のようなところでも大丈夫かもしれない。今度千代田図書館に行って試してみよう。

電車で打っていると気になるのが液晶のコントラストの高さ。2008/11/13 19:16お茶の水通過。隣からも文章は丸見えだろう。でもケータイのようなのぞきこみ防止シールのような自意識過剰なものはポメラには似合わない。男はだまって電車でコラムだ。ポメラはふしぎな愛着が沸くガジェットだ。ケータイやパソコンなどなんでもできるものは、その人によってなにをするかが決まる。ポメラの場合「書く」ことしかできない単機能端末だから、これを持っている人はなにか「書きたい」という欲求がある人になる。2万円も出してテキスト入力専門のガジェットを買う。そこに妙な美学を感じるのは私だけだろうか?ストイックさというか、禅的ななにか。

さっき説明書を読んで気がついたが、日付と時刻はわざわざメニューから出さなくてもファンクションキーのショートカットで挿入できるそうだ。F2を押すと2008/11/13 19:20と挿入される。もうすぐ四谷だ。こうしてこれまでケータイでニュースをみたりSNSをみていたりする時間、つまりインプットに使っていた時間をポメラによるアウトプットに使ってみると時間の概念が変わる。一駅でこれだけの文字量が打てるのだ。書きたいことがあれば電車は最高の書斎になる。好きな音楽を聞きながら、始発でコラム、終電でコラムなんてちょっと優雅じゃないだろうか?

文章を書くというアウトプットがよいのは本人にとって達成感があることだ。ニュースやブログを読んでいてもなんとなく「ひまつぶし」だが、1000文字なりのまとまった文章を自分の脳からアウトプットすると気分がすがすがしい。人間にとって排泄は快感の一種だと言われているが、情報化社会で情報でパンパンになった脳にとっては文章をアウトプットするのはデトックスのようなものだ。この効能はメソッド化できるかもしれない。ちなみにカタカナ変換はパソコンと同じくF7でできる。F8なら半角カタカナにもなる。おっと、2008/11/13 19:25新宿についた。

ポメラを使って快感なのは自分のメインマシンがあの悪名高きビスタであることにもよる。起動は購入当初で1分50秒、いろいろ入れてウィルスソフトなども作動させると3分以上かかっていた。スリープからの復帰も30秒ちかくかかる寝起きの悪さ。このあたりMacBookは優秀でスリープからの復帰も早かった。にしてもパソコンはどこかでバッテリーの残量メーターが気になる。電源がないところで4時間つかえるとして、1日のどの場所でどんな作業をするかの配分をうまく考えなといけない。ポメラは単四電池で動くし1週間程度は使える。なにかが減ることを心配しながら作業をしなくて済むのだ。この当たり前の環境がパソコンでは当たり前ではない。だから新鮮なのだ。と書いているうちに2008/11/13 19:29中野に到着。

変換システムはIMEとATOKが選べる。ATOKで書いているがおおわく快適だ。文章が短いとうまく変換がでなくてイライラすることもあるが、その他のことではストレスフリーだ。単語登録もできるようだが、最大登録数が少ないようなので吟味して入れていきたい。書いた文書の活用方法だが、いま考えているのはレイアウトがシンプルで美しいエキサイトブログを使おうと思う。タイトルは「ポメラDEコラム」というベタなもの。興味あるのはこの道具がどんな文体を作るかだ。2008/11/13 19:32おっと高円寺。ではまた!

(川井拓也)
[PR]

# by pomerade | 2008-11-13 19:32 | ポメラ
2008年 11月 13日

ポメラは21世紀のタイプライターである。

ふたつめのコラムを書いてみよう。2008/11/13 18:27スタート。まず、内蔵メモリーで書いているのだが、カタログ上のスペックの6ファイルという制限は事実上関係ない。というのもファイル容量はすべてのファイルの総文字数に依存しているので100文字のファイルであれば10個でも100個でも保存できる。

新規文章を作成すると保存するときに名前をつけるということになる。メニュー画面はむかし懐かしいワープロ風で左右上下のキーでメニューを選択すると反転表示される。このメニューはたとえば一番下にいくと上から戻ってくるタイプではない。左右も同じことがいえる。メニューはファイル、編集、検索、日付、書式、辞書、設定と並んでいるがファイルから左キーで設定にいくことはできない。

使い初めて15分。新鮮なのは、このガジェットにはポインティングデバイスがないということ。正確には左右上下の矢印キーがそうなのだが、文章を書いていて使うのは基本キーボードのキーだけだ。ワープロ時代に当たり前だったことからしばらく遠ざかっていたのに妙に新鮮。ケータイももっとも押すのは丸いキーだし、パソコンはタッチパッドをスリスリしているほうがキーボードで文字を打っているより長い場合もある。

ポメラはこのようなポインティングデバイスがないうえに、画面には文字以外のいかなるアイコンもアラートもでないのでパソコンでは考えられないくらい文章タイプの速度があがるのだ。これが感覚的にとてもおもしろい。脳から文章がキーボードを通じてどんどんデータ化されていく感じ。しかも液晶がモノクロでまるで電子辞書のような平面的な感じなので文字が紙に打ち出されているようにも感じる。私はワープロ体験者だが、タイプライターの感覚にも近いのかもしれない。「バートンフィンク」や「ハメット」でタイプライターをたたく作家が印象的にでてくるが、ポメラは独特のリズムを生み出してくれるデバイスといえる。




ポメラの液晶はノートブックのように開くが、そのまま倒すとテーブル面につくように180度倒れる。このポジションはおもしろく、モノクロ液晶の視野角の広さとあいまって問題なく見える。ちょうど「スターウォーズ」のオープニングのように画面が台形のままで、下から自分の文字がどんどんあがってくる感覚。そういえば、パソコンになって文字を打ってもどこかでスクロールを調整しなければいけない。ポメラは画面いっぱいに常に文字が埋まり、一番下の行が右まで埋まると1行スクロールする。この文字でどんどん画面が埋まっていく感覚が実にいいのだ。

いま私はドトールのカウンターテーブルで書いている。ドトールの丸いテーブルは直径が45cmくらいしかないがポメラには十分すぎる広さ。ノートパソコンをよっこらしょと開けばグラスを置くスペースすらなくなってしまう。この気軽さはミニノートでは無理。ダラダラとウェブをみているより自分の頭の中のことをアウトプットするのが好きな人はぜひポメラを使ってみることをおすすめする。

さて、2008/11/13 18:44。今回は少し時間がかかったようだ。文字数はメニューから書式>書類情報によると1280文字。これから2000文字のコラムを書く練習をしようと思う。だいたい30分で2000文字書けるようになればコーヒー&コラムという感じでやっていけそうだ。楽しみ楽しみ。

(川井拓也)
[PR]

# by pomerade | 2008-11-13 18:44 | ポメラ
2008年 11月 13日

ポメラ使い始め10分コラム



ここは有楽町のドトール。ポメラの最初のコラムをかく。まずは時刻をインサートしてみる。メニューボタンを押して編集から日付と時刻を選ぶと即座に2008/11/13 18:09とインサートされた。うちはじめの感じとしては、バックスペースが小さいのでその上の電源ボタンをヒットしてしまうのだが、これは慣れの問題だろう。電源ボタンは長押ししなければ作動しないので問題ない。文字サイズを中にして画面の背景を黒にして書いているが、非常に見やすい。なんというか、カラーの液晶で発光体をみながらドライアイになりつつ書くのと違って、目に優しいというのが第一印象だ。

ビックカメラの5階テプラ売場で売っていた。22400円で白のみだったがレジで聞いてみると黒もあるとのことでThinkPad風のビーチスキン塗装が気に入ったので黒を買った。キーボードはレッツノート風の白で第一印象はへちゃいが、打っていると意外となじんできた。パソコンはパームレストが標準的だが、ポメラはパームレストがない。キーボードの高さは一般的な二つ折りケータイを開いたときのテンキーの高さくらいだ。この高さが新鮮で文章がどんどん打てる。パームレストから不快なパソコンの熱を感じたり、汗ばんでぬめってくる感じがないからだ。バッテリーの残量も気にしなくていいし、メールやらブラウザやらもないので文章を書くことに集中できる。この感覚は多くの人に支持されるだろう。それはちょうどポメラを通じて文章を打つことが、なにか自分だけの小さな書斎の中で書いているような気分にさせるからだ。

もしあなたがニュースソースのコピペ程度のブログに辟易としているなら、ポメラを買って自分の心の中から生まれる文章を書いてみることをおすすめする。ポメラは21世紀のコラムライター必携ツールになるだろう。

さて、ここまでで2008/11/13 18:19ということで10分。慣れれば5分程度で書けそうだ。

(川井拓也)



[PR]

# by pomerade | 2008-11-13 18:19 | ポメラ
2008年 11月 13日

===ポメラ電池交換(初回)===

電池投入
[PR]

# by pomerade | 2008-11-13 18:10 | ポメラ